転職のスケジュールは計画的に!

・より効率のよい転職をするために考えたいこと

転職をするには、いろいろなスケジュールを組んだ上でより効率よく行なうのが理想的です。
今の会社を辞めるからといっても、できるだけ迷惑をかけず、円満退社を心がけたいもの。
現職の繁忙期などは避けたいですし、引き継ぎの時間をきちんと取れる時期に合わせて退職したいですよね。

また、転職には適したタイミングがあります。
求人が増えるのは夏と冬で、ボーナス支給後に退職をする人が多いことから、希望の転職先を見つけやすいです。
逆に春先や年末は企業自体の繁忙期に当たることが多いので、転職についてしっかり考えてもらいにくいというデメリットがあります。

自分の退職時期と、転職する上でベストなタイミングを加味した上で、転職スケジュールを組んでいきましょう。

・転職活動は前職に在籍中からでOK

初めて転職活動をする人は、会社に在籍している状態で転職活動をしてもよいのかどうか悩んでしまうようですが、前述したように現職に就いていても転職活動をすることは可能です。
会社都合の退職でない限り、失業保険が給付されるのは退職後3ヶ月以降になるため、生活に困ってしまっては元も子もありません。

今の会社に退職届を出していなくても、転職先が決まってから伝えれば、転職先の企業はその後の就職ということで理解してくれます。
ただし、現職に就きながら転職活動をすることと、退職してから転職活動をすることは、それぞれにメリットとデメリットがありますので、この点は抑えておきましょう。

仕事をしながら転職活動をすることは、無職の期間を極力短くできることと、離職期間が短い分転職先に与えるイメージがよいというメリットがあります。
しかし、仕事と並行しながらだと面接に行く時間が取りにくいといったデメリットもあるので、ハードな仕事に就いている人は時間の確保を意識してください。

退職後の転職活動は、しっかり時間をとって応募書類を作成したり、面接にいつでも行けるフットワークの軽さがメリットになりますが、転職活動がうまく行かなかった場合、離職期間が長くなると転職先へのイメージダウンになるというデメリットがあります。

それぞれのメリットとデメリットを加味した上で、よりスムーズに転職できるようスケジュールを立てることが重要です。
人によってどちらを選ぶかはさまざまですが、一般的には現職に就きながら転職活動をする人が多い傾向にあります。

土日などの休日に情報収集をし、退社後にできるだけ多く面接の時間を設けるようにするなど、時間のやりくりがきちんとできれば、在職中の転職活動も十分可能です。
通勤時間なども活用しながら、効率のよい転職活動をしてください。