40代女性の転職と人生設計

JP121_72A

ライフワークを大事に!

40代女性の転職というのは、若い女性の転職とはまったく違います。
というのも、若い女性とは違いあまり選択肢が無いからです。

私の場合、転職を思い立ったのは30代の中頃でした。
一般的に転職というと、キャリア、もしくは給与アップを狙って行う人が多いものですが、私の場合はそれとは違った理由で行いました。
というのも、ちょうどテレビでとあるものが流行っていて、以前から関連性の強い仕事場で勤務したい・・・と思っていたからです。

その仕事というのがヨガのインストラクターです。
現在のキャリアであれば、理系の仕事であっても転職可能・・・という状況だったのですが、ヨガのインストラクターに挑戦することにしました。
なぜヨガのインストラクターに挑戦するようになったのかというと、ヨガのインストラクターに美人の方が多かったからです。

人によっては「そんな理由!?」と思うかも知れません。
ですが、ちょうどこの頃は子どもが独り立ちするようになり、好きなライフワークを手に入れられるタイミングだったのです。
そこそこ気楽に過ごせるだけの努力もしてきましたし、なにより自分に我慢をさせるような生活をずっと続けていたため、夫にも自分のしたいことをしたらどう?なんて言われてもいました。

そんな生活が2、3年ほど続き、そこでようやくヨガのインストラクターになることに決めました。
理系の転職でキャリアアップしてきた人が、ここで妙な道に迷い込んだというわけです。
ただ、転職そのものは大した成功にはなりませんでした。
給料や職場環境は良いのですが、思っていたより体力が落ちていたため、ヨガのインストラクターとしての技能を得るのにかなり時間がかかったのです。

ただ人と話をしたりすることが多い仕事で、且つ同じように美人になりたい人がヨガを習いに来ます。
活力があるというか、自分と同じようなことで悩んでいる人が多いため、昔よりイキイキと暮らせるようになったのは確かです。

休日について良く考える

40代女性の転職は年間休日日数も大事にしたほうが良いです。
というのも、あまり良い条件の仕事先が無いからです。

私の場合、年間休日日数はちょうど100日です。
色々と探してみた結果、中々110日以上というところは見つからなかったので、こちらに決めました。
ただ、体力の衰えもあるせいか週休二日制を採用していない勤務先では、何度か苦労した覚えがありますので、こちらにして良かったです。
酷いところでは、週に1度も休みがない・・・なんてこともありますし、なにより残業などがキツイのでオススメできません。

40代女性の転職は、無理をしてどこでもいいから・・・という気持ちで転職先を決めないほうが良いでしょう。