【女性に人気の職業情報】看護師

社会的に需要の高い医療系の仕事

看護師は、慢性的な人材不足に悩む医療業界においても特に人が足りないと言われている仕事です。
主な仕事としては、病院もしくは診療所に勤務をして医師の指示のもと患者さんの治療補助や介護を行っていきます。

治療を行うときには法律で定められている医療行為の一部を行うことになるため、無資格で行うことはできず必ず就業前に国家資格を取得しなくてはいけません。

看護師の資格にも大きく二種類があり「准看護師」と「看護師(正看護師)」とがあります。
このうち国家資格は看護師の方だけで、准看護師は地方自治体が行う技能検定試験というふうに扱われています。

もっとも実際の医療の現場における仕事内容については正看護師と准看護師に大きな違いがないというのが実情なのですが、国家資格である看護師が優遇されるようになっており給与面やその後の昇進・昇給で大きな差がついてきます。

准看護師の資格取得は、中学校を卒業したのちに准看護師学校もしくは看護科のある高等学校に進学しその卒業時に試験を受けます。

一方看護師の場合は高等学校卒業後に看護大学(4年生)、看護短大(3年生)、看護学校・看護師養成所(3年)のいずれかに進学をしてからその卒業時に国家試験を受けます。

家庭の経済的な事情によりどうしても早くから働きに出ないといけないという人の場合は先に准看護師の資格を取得してあとから正看護師を目指すというルートもあります。

医療系だけでなく多くの場所で必要とされる看護師

看護師の仕事は本来ならば医師の指示のもとで働く補助的なものだったのですが、近年では医療系の人材が全体的に不足していることもあり医療系だけでなく多くの場所から求められるようになっています。

特に高齢化社会ということもあって介護関連業界からの需要は非常に高く特別養護老人ホームや訪問介護の現場で看護師を単独で雇用する例が増えました。

高齢者施設においてはターミナルケアと言われる末期がんなどのこれから最期を迎える患者に対してのケアが重要になることから、看護師がそうした人たちの精神的ケアをする仕事についています。

また職場環境のために精神を悪くしてしまった人のために、企業内保健室が設置されることもあるためそうしたところに雇用される看護師もいます。

ただしこうした特殊な仕事はそれなりに経験を積んだ看護師でないと難しいことから、新人のうちはまずは病院や診療所に勤務をしそこで専門分野を作ってキャリアアップをしていくという方法が取られます。

看護師のやりがいと向いている人としては、技術職であることから結婚や出産・育児のために一時キャリアが中断してしまった女性が挙げられます。
一生働きたいと思っている人、人に尽くして役立ちたいという人に向いています。