あなたはどっち?結婚式を挙げたいVS挙げたくない

CV122

結婚式を挙げたい派

結婚式というと、女性であれば誰もが体験してみたいと思っているイベントでしたが、今ではその考え方もずいぶんと変わってきているようです。

というのも、結婚式を挙げたいと思っている人の中にも、簡素な結婚式を喜んでいる人が増えているからです。
なぜ、このような人が増えているのか?というと、昔のように大イベントの1つという見方が減ってきているため、このような考えを持つ人が増えてきました。
昔であれば、盛大な結婚式を挙げることで多くの人に祝ってもらえる・・・という思いがあったため、是が非でも結婚式は挙げるという人が多かったのです。

しかし、今では結婚される人の平均年齢が上がってきています。
そのため、結婚式に招待する人の数がそれほど多くなく、大きな会場を用意する必要も無くなってきているのです。
そのような影響が長く続き、今では地味婚と呼ばれるような小さな会場を使った結婚式が有名になりました。

つまり、結婚式は挙げたい派・・・だけど、無駄にお金を使わないで貯金もしたい派が増えてきているのです。
この話は女性こそ知っておいたほうが良い情報でしょう。
というのも、実際に結婚式を挙げる約束を男性と交わしていたとしても、男性は地味婚で良いと思っている可能性があるからです。

また、地味婚は嫌だけど100万円以上かかるような大きな結婚式も嫌!という女性はおられるでしょう。
このような場合は、予算を決めてから結婚相談所に足を運ぶと良いです。
予算が決まっていない場合、50万円、100万円といったプランが提示されます。
ですが、プラン料金が安いからといって安心しないでください。
というのも、このようなプランはプラン料金のみの料金で、これにプラスしてオプション料金が加算されるようになっているからです。

プラン料金は50万円、オプション料金が30万円・・・計80万円が必要となることもあるので、先に予算を伝えておいたほうが賢明です。

結婚式を挙げたくない派

少数派と思われているようですが、結婚式を挙げたくない派というのは少数派ではありません。
というのも、挙げたい派、挙げたくない派の数というのはほぼ同じになっているからです。

挙げたい派は50%前後、挙げたくない派は40%前後、その他は状況により対応が違ってくるという人となっています。
つまり、それほど結婚式に対して強い思いを抱いている人ばかりではないということも、現代社会のお付き合いでは重要となってきます。
もし、お目当ての異性を見つけた場合でも、このような一面もあるということを忘れないようにしておきましょう。
人によっては、結婚式を挙げたいということで揉めに揉める人もいます。