男性が合鍵を渡したくなる女性像とは?

・合鍵は「特別」ととらえてOK?

お付き合いをしている彼から突然合鍵を渡されたとき、いろいろな気持ちが交錯すると思います。
自分は彼にとって特別な存在になったんだ、とうれしく思う人もいるでしょうし、逆に「掃除をしろってことかしら」と考えてしまう人もいる様子。

男性の視点としては、やはり合鍵を渡す女性にはある程度の信頼を寄せていて、自分はあなたを受け入れている、という一種の意思表示としているケースが多いようです。
ただ、ちょっとだけ「家事をしておいてくれたらラッキー」的な考えはあるようですが、長く付き合うつもりのない女性に合鍵を渡すということはまずないようですので、あなたは彼にとって特別な存在だと自信をもってください。

合鍵をもらってうれしいことはたくさんあります。
まず、「自分はほかの人を連れ込むことがない」というアピールだともいえるので、この人は自分だけをきちんと見てくれている、という自覚が出ることがひとつ。

また、合鍵があることで、約束をしていた日に彼の帰宅が遅くなってしまっても、寒い中待たずに室内を温めてあげられるというメリットもあります。
ついでにちょっと食事の準備でもしておいてあげたら、彼はきっととても喜んでくれるでしょう。

・抜き打ち来訪はNG、最低限のルールは守って

合鍵をもらう、イコール彼の愛を受け取ると考えてよいと思いますが、合鍵を使うことは多少のリスクを背負うことでもあります。
合鍵をもらってからも、彼との関係を円滑に保つために、気をつけておきたいポイントをご紹介しておきますね。

ひとつは、見たくないものを見てしまう可能性があるということ。
これは、あなた自信が見ないように努力をする必要もあると思いますが、男性は女性よりも元カノなどに関するデリカシーが欠けている人が多いです。
元カノの忘れものや写真が部屋に置いてある、ということは大いに考えられます。

覗こうと思ったわけではなくても、つい目にしてしまうこともあると思うので、こうしたシチュエーションでは焦らず騒がず、ましてや彼を責めることのないようにしたいものです。
もちろん、彼が不在だからといってクローゼットを散策するのはもってのほかですよ。

また、合鍵をもらったということは、自分がいないときに入ってもよいんだよという証ではありますが、アポなし訪問を繰り返すことは避けたほうが無難です。
彼も1人の時間を楽しみたいときはあるでしょうし、最初はよいと思っていても、しょっちゅう自分が不在のときに家に入られるのは、やはり気分がよいものではありません。
合鍵をもらっていても、彼がいないときに訪れる場合は、事前に「いつ行くよ」ということを伝えた上で伺うようにしましょう。