お金を楽しく使う方法

・節約でストレスを貯めるなら、楽しくお金を使いたい

現代社会は毎日の生活だけでも、仕事や人間関係などでストレスが溜まりやすいもの。
未来のことを考えて節約をすることはもちろん大切なのですが、あまり節約にこだわりすぎてしまうとさらにストレスを抱えてしまい、結局貯めたお金を病院代に使わなければならない、ということにもなりかねません。

そして、お金を使うならやはり楽しいことに使うのが大切です。
何かの対価としてお金を支払ったときに、自分が笑顔になれるかどうか、そんなことをちょっとだけ意識しながら、お金の使い方について考えてみましょう。

「他人におごる」ということは、楽しくお金を使うことになるかということを考えさせられるのではないでしょうか。
ごちそうをすると、なんとなく自分が損をしてしまったような気持ちになってしまうことがありますが、自分が好きな人、信頼している人にごちそうをして、その人が笑顔で喜んでくれたら、それはとても有意義にお金を使ったということになると思います。
誰にごちそうをするか、どんな気持ちでごちそうをするかということで、「おごる」というお金の使い方はまったく違うものになるでしょう。

・自分への投資にお金を使う

ストレスを溜めないように、日々を健やかに暮らすためにレジャーなどにお金を使うことも、とても有意義です。
アウトドアやちょっとした旅行、美食やカラオケなど、自分が楽しめることにお金を使い、日々のストレスを解消して、また明日から頑張ろうという気持ちになれることはとても大切ですし、楽しいお金の使い方だといえます。

そのほか、自分が成長するためにお金を使うことも、楽しいお金の使い方のひとつです。
資格取得に向けて勉強したり、教養をつけるために本を買う、心の栄養を摂るために映画を観るというのもよいと思います。

映画や小説は、日常から少し離れた視点を持つことができ、とてもよいリフレッシュになります。
涙を流すことはストレス解消につながるといわれていますので、感動して涙を流せば、日頃のストレスも気持ちよく解消することができるでしょう。

他にも毎日少しずつでも、成長している自分を感じられるというのはとても楽しいものです。
習い事にお金を使うことで、毎日少しずつ技術が上がっていき、成長を感じることができれば、とても有意義な時間を過ごすことができるのではないでしょうか。

最低限の衣食住を除き、何かにお金を使う際には、お金を使うことで最終的に自分がよい気持ちになれるか、お金を使ってよかったと感じることができるかどうかを考えてみましょう。
そして、満足してお金を支払えると思うことに使うよう心がければ、支払ったお金はあなたにとってとてもよい糧になるはずです。