ポイントカードを利用した節約法

HG056_72A

倍のポイントのみ貯めていく

ポイントカードは上手に使うと節約になることがあります。
ただし、あくまでもポイントカードなので利用したお金以上の還元は無理・・・と思っておいたほうが良いです。

有名なポイントカードではTポイントカードがありますが、こちらはファミマだけでなく他の通販サイトでも使えるポイントカードです。
実際にどれだけ優れているのか確認されているサイトも存在するのですが、ポイントカードというのは5倍以上のポイントが付くこともあるのです。
ただし、ポイントカードは1%のポイントが発行される仕組みになっているため、合計で10%以上のポイントが発行されるわけではありません。

例えば、1万円の商品を購入した場合、100円~1000円の間で節約ができるという感じです。
ただし、Tポイントカードは10倍以上も存在するので、使い方によってはかなりの節約ができるでしょう。

次にポイントカード全体の上手な利用方法ですが、複数のポイントカードを発行しないようにします。
意外とこれについて知らない人もいますが、ポイントカードを複数発行しても良いことがありません。
その理由ですが、ポイントカードは一定数のポイントを貯めることにより、なにかしらのサービス、ポイント還元が発生するようになっているからです。
ショッピングセンターを2つ利用されている場合ですが、1つだけポイントカードを失効されたほうが良いかも知れません。

ショッピングセンターのポイントカードは、約1万円~5万円の利用で500円の商品券が発行されるというものが多いため、複数のポイントカードを利用していると10万円近い利用で、ようやく商品券が発行される流れになります。
しかも、ショッピングセンターによってポイント還元率が違っていますので、あまり貯まらないほうは持っていても意味がありません。
倍以上のポイントが貯まるポイントカードを大事にし、そうでないカードは持たないというのが上手にポイントを貯めるコツなのです。

クレジットカードを持つ

ポイントカードそのものが煩わしい・・・という人は、クレジットカードを持つようにしましょう。

クレジットカードは10万円から発行できます。
しかも、毎月の利用で1%~3%の安定したポイントが貯まっていくのです。
このポイントは商品券のような仕組みにはなっておらず、使いたい時に使えるポイントとして発行されていきます。
例えば、インターネットで1080円の商品を購入した場合、1100ポイントが貯まっている場合は、ポイントのみで支払いを終えられるのです。
今ではこのようなサービスも増えているため、ポイントカードより使いやすいカードとして人気が高まっています。