お金が貯まる人と貯まらない人の特徴

・「食費」は節約と貯金に大きな影響を及ぼす

貯金をするためには、必ずある程度の節約が必要になります。
自分の好きなようにお金を使っていては、貯金することができないのはもちろん、マイナスになってしまうこともあるでしょう。

節約に大きく関係してくるのが食事です。
毎日自炊している人とそうでない人は、貯金額に大きな差が出るといわれています。
会社で飲むお茶などを自宅で作っている人と、毎日コンビニで購入している人は、少なくても毎月2,000円以上の出費の差が出ます。
年間で考えたら24,000円以上となり、貯金総額に対しては小さいとしても、この小さな積み重ねは最終的な貯金額に大きな影響を及ぼすのです。

また、会社で食べるランチを、毎日外食している人の場合、少なく見積もっても600円前後は支払うことになりますから、これも大きな出費になります。
もちろん、お弁当を作っている場合も食費はかかりますが、残りの食材も上手に利用し、朝昼晩と自炊している人と、毎食外食や買い食いをしている人に大きな差が出るのは当然ですよね。

自炊においては、「できるだけ毎食自炊する」ことがとても重要になります。
たまに食材を購入して自炊をし、その後は外食をして残った食材を無駄にしてしまうのでは、自炊をするよりも無駄遣いをしてしまうことになるからです。

中途半端に自炊をするよりも、「自炊は一切しない!」と決めて最低限の買い食いをするほうが、食費は少なくできます。
けれど、やはり毎食自炊している人に比べると食費が多くなってしまいますので、本気で貯金をしたい人は、この機会に自炊を初めてみてはいかがでしょう。

・貯金に対する目標があるかどうかは重要

貯金をしておかないとまずい気がするから、となんとなく貯金をしている人と、目的を持って貯金をしている人とでは、やはりその効率さには違いが出てきます。
「2年後に短期留学をしたいから貯金をする」という目的があれば、必要な費用と期間を計算し、毎月必要な分だけ貯金をするという行為が明確です。
目的がないと、貯金をしなければという意識が高まらないため、どうしても計画的に貯めることができません。

結婚資金やマンション購入費用、老後に向けた貯蓄など、貯金にはいろいろな目的があり、またそれに必要な費用を考えれば、ある程度明確にできます。
必要な金額を明確にした上で、貯めるまでの期間を設定し、計画的に貯めることで効率よく貯金することが可能です。

「なかなかお金が貯まらない」と悩んでいる人は、なぜ自分は貯金をする必要があるのか、いくら貯めればいいのかをまず考えてみてください。
「貯金額を差し引いた金額で生活をする」ということが計画的に行えるようになりますよ。